表面金利と実質金利の見方を学び住宅ローンを検討しましょう

住宅ローンというものは人生の中に於いて最も高額のローンです。そのため、吟味せず安易に借りてしまうと後々後悔しても遅いという最悪の事態になりかねません。銀行、信用金庫、ろうきんなど様々な金融機関で取り扱っているローンですが、それぞれ金利も返済条件も異なるため、できる限り多くの情報を収集し自分に最適なものを選びましょう。

ローンを借りる際に重要なことは、いくら借りることができるかではなく、総支払利息円がいくらになり、月々の返済がいくらまでなら返すことができるのかをポイントに置くことです。当たり前のことですが、借金は返すことが必須であるので自分の月収から生活の必要経費を引き、その残りで返済しなければなりません。その時に返済額がギリギリでは、余裕の無い生活となりせっかく購入した家なのに幸せな気持ちで暮らすことができなくなってしまうのです。

注意しなければいけないことがもう一つあります。金融機関の広告に載せられている金利は表面金利といい、実際に支払う金利とはことなります。金融機関に相談する際に、きちんと表の見方を学び実際金利を把握しておきましょう。
ローンは大きく固定金利と変動金利に分けられ、固定金利ですと経済状況により変動金利が上がっても、当初固定金利のままとなり安定した返済をすることができます。固定の場合当初のままの金利を保ちますが、借りるタイミングにより変動はしています。そのため固定であっても全体的に引下値が大きくなった場合は、見直して借り替えという方法をとると返済額もお得になります。

それに対し、変動金利は常に金利が動いているので、大幅な引下げタイミングを見計らって金融機関に相談すると良いでしょう。

特に住宅ローン 2件目ともなると金利は少しでも安くしたいですよね。よく情報を集めるようにするのが大切です。

住宅ローンを組むならろうきんで

持ち家を考えているあなたは、今がチャンスです。住宅ローンの融資を受ける上での金利は過去最低水準で、余裕のある返済計画を組むことができます。

そして住宅ローンを組むなら、ろうきんがおすすめです。試しにろうきんに資料請求をしてみてください。よその銀行との違いは金利において一目瞭然です。過去最低水準と言われる金利の中でも特に際立って低いのがらうきんの金利です。

ろうきんは各労働組合の出資で運営されている金融機関ですので、労働者のための金融機関とも言うべき存在で、その点は利益を上げなければならない大手銀行との大きな違いです。返済計画を考える上でも、銀行の利益を考えるのではなく、ローンわ組むお客さんの利益を第一に、親身になって相談に乗ってくれます。

持ち家にあこがれていて、そろそろ家を買いたいと思っているけど勇気が出ないという方は、まずはろうきんにお問い合わせください。きっと、あなたの不安を解消してくれるはずです。